• 太陽光・蓄電池・V2Hリースのことならアルトリスト

本日は、寒気緩み過ごしやすい一日でした。

本日、お伺いいたしましたのは、倉敷市O様邸へ太陽光発電リース設置工事に伺いました。

O様は、弊社営業社員の配布チラシを見てご連絡を頂き、この度の工事に至ったと聞いております。

きっかけは配布チラシでしたが、中国電力グループリースの話は初見でもあり、保障面や中国電力グループの安心感が提案の決め手になったそうです。

本工事は、一般的なガルバ鋼板葺きのお屋根に掴み金具での施工となります。

なんと!! 一枚のパネルに6点もの支持点が必要との事(一般的にはは3.4点止め)、ここまですれば、まず大丈夫です。吹きおろしの風があってもまず大丈夫です。

おさまりも良くパネルも綺麗に設置が出来ました。

上から見るとカナディアンソーラーのパネルは綺麗です。従来型のパネルより発電面と受光面大きくなるため一枚の発電効率も大幅に向上、今後の発電が楽しみです。

本日は、大きな問題もなくスムーズに終わりましたが、年末最終まで工事が入っています。良い年が迎えられますよう最後まで気を引き締めて頑張ります。

最後までご覧いただき有難う御座いました。

                                        アルトリスト 工事部


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。