• 太陽光・蓄電池・V2Hリースのことならアルトリスト

申請受付期間  令和3年5月7日から令和4年3月17日まで

変更点     固定買取制度終了世帯に蓄電池設置の場合は単独で補助申請可能。

        V2H補助金上限15万へ変更

補助金額    既築太陽光発電(必須)    kw30,000円 上限150,000円

        新築太陽光発電(必須)    kw20,000円 上限100,000円

        エネファーム(選択)            上限150,000円

        エコキュート (選択)           上限20,000円

        リチウムイオン蓄電池 (選択)       上限150,000円

        ※FIT終了の方は単独でも対象

        電気自動車  (選択)           上限150,000円

        V2H      (選択)          上限150,000円

        ヘムス     (選択)          上限50,000円

※太陽光発電は、必須となり他1つ以上の選択との組み合わせが必要となります。

申請方法    設置後申請

予算      予算が終了し次第締め切りとなります。

https://www.city.okayama.jp/kurashi/0000015908.html     


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。