• 太陽光・蓄電池・V2Hリースのことならアルトリスト

先日は、倉敷市へエコキュート設置工事に伺いました。

既存ガス給湯器からの変更となります。

昨今の燃料高騰を受け、今後かかる家計の光熱費を考慮しての買い替えとなります。

最近話題のエネルギー高騰は、一般家庭の前年度比較20%以上高騰された方が、中国電力管轄で約55万世帯にのぼるそうです。

中国電力管轄の総世帯数は概ね340万世帯、よって6人に1人は20%以上値上がりするという事になります。

物価高によって家計の負担は増える中、光熱費もとなると、どこかを切り詰めないと今までの生活が維持できなくなる恐れがございます。

今回エコキュートを導入することで、電気代プランが『電化スタイル』へ変更され夜間と週末、祝日は安い電気を利用できる仕組みです。

何もせず、ご家計の負担増を受けいれるよりは、こういった対策で日々のご負担を軽減して将来への備えとされるのは如何でしょうか。

また、アルトリストでは、中電グループリースの取り扱いもございます。

光熱費の備えや非常時に対する対策など、多くの皆様よりご指示を頂いております。

まずは、ご相談や家庭の光熱費シュミレーションを見て頂き、今後のご参考にして頂ければ幸いです。

                             工事部  八木


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。